不動産購入の話

失敗しないマイホーム購入術について

失敗しない不動産購入術について

当たり前ですが誰でもマイホーム購入で失敗したくはありません

しかし不動産はそれぞれの考え方や育ちでも購入する物件が変わってきます

つまり他人から見て失敗でも、ご本人には至って正解の場合があります

それでも不動産業者から見て最低限のルールを守った物件を購入しておきたいものです

 

失敗しないマイホーム購入術について

 

まず失敗の定義は人それぞれです

極端な言い方をすれば絶対に売却しなければ資産価値なんて気にする事もありません

誰も相続しなければお子様にも損害はありません(それでも相続放棄も簡単ではありませんし、資産を残せませんが)

 

しかし長く不動産業界に入ると、何故こんな物件を購入したのかと嘆く方もいます

そう言った方達は大抵お金の問題が出た時です

何らかの事情でお手持ちの不動産を売却したいのに住宅ローンの残高以下でしか売却できず、思うように換金出来ない場合です

冒頭の絶対に売却しなければ問題ないという説明と矛盾しますが、長い人生は順風満帆とは行きません

お金の問題以外にも離婚の財産分与などの問題もあります

そのような時に直ぐに自分の意思で換金出来なければ、資産とは言えません

ここをまず理解した上でマイホーム(不動産)を購入して下さい

 

例えば都心から離れたエリアでマイホームを購入する場合

都心に比べれば価格が低いのですが、その分売却時も安くなってしまいます。このような物件を選択する時こそ自己資金を用意して購入する事をお勧めします

余程の過疎地域でなければ売却は出来ます

しかし、フルローンで購入した場合は年数にもよりますが多くの残債が残っていますので自己資金を用意しないと売却する事が出来ません

都心に比べて価格帯の低い物件を購入した時ほど自己資金を沢山用意する事をお勧めします

残念ながら都心に比べると、どうしてもリセールに弱いのが郊外の物件です

しかし、住宅ローンの残債が少なければ相場にあった価格で販売する事が出来ます

今回は少し視点を変えた失敗しない不動産購入術でしたが是非ご参考に